コロナ問題、企業、商売の聞き取り状況

🔴困っている市民の声を聞きました。


全体に仕事の発注量が減少している。(工務店)

●家賃(固定費)水道、電気、ガス代などの毎月の支払が大変。(飲食店)

●売り上げが3割減。無利子無担保で融資を受けられても、いずれ返さなければならないが、コロナが終息したとしても返せるアテがない。必要なのは融資ではなく給付。(飲食店)

●従業員がいないので人件費は必要ない。それでも固定費の家賃はどうしてもかかるので、お店は開けている。(飲食店)

●新型コロナウイルス感染に気を付けて営業している。ゴールデンウイークに出かける人が「きれいにしておきたい」と多く来場するが、外出自粛のためかなりお客が減少している。(美容院)

●スタッフや利用者が感染しないよう、検温・換気・間隔をあけるなど、大変に気お使っている。今のところ大きな影響はないものの、買い物サービスでは利用者と一緒に出掛けていたが、今はスタッフのみで行っている。(介護事業所)

●長距離トラックの仕事で県外に出る。ウイルスを持って帰らないよう、積み込み・荷下ろし以外は車外に出ないようにしているが、車から全くでないわけにはいかない。医療機関のようにマスクが配布されることもないため、何日も使いまわしている。(運転手)

●従業員には2時間の時短勤務をしてもらっている。イベント中止で売り上げが落ちており、5月以降もこの状態だと経営は非常に厳しい。経済対策としては消費税ゼロが必要。

(食品製造業)

●連休を利用して若い人が帰省して荒おこし、しろかき、草刈り、田植えをしてくれていたが、今年は出来ないので委託している。順番待ちで、苗の育成と田植えの時期が合うのか心配している。(農家)

40回の閲覧

0855-56-2927

©2020 by 森川よしひで(佳英)。Wix.com で作成されました。